カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

主婦でもお金を借りることはできるの?返済できるかが分かれ道!

改正貸金業法による総量規制が施行されたことで、消費者金融から年収の3分の1を超える金額のお金を借りることができなくなりました。ただし、あくまでも年収の割合に対する制限なので、年収の多寡は関係ありません。消費者金融のカードローンの利用条件にも年収額は入っておらず、従って、派遣社員やパート、学生でも収入があればお金を借りることができます。そこで、問題になるのが主婦です。主婦でもパートなどで収入があれば、収入の範囲内でお金を借りることができますが、専業主婦の場合は収入が無いため、お金を借りることができません。過去には借りることができたのに、現在は専業主婦に貸出をする消費者金融は滅多にありません。実は、総量規制には「例外」があり、専業主婦でも夫の同意を前提に、夫の年収の3分の1の範囲内で借入ができるようになっています。これを「配偶者貸付」と言います。ただし、配偶者貸付を受けるためには夫の同意書や収入証明書、婚姻証明書などの提出が必要であるため、貸付金が少ない割に手間が掛かったり、管理が煩雑になったりするため、現実には貸付を拒否されています。ところで、総量規制というのは貸金業法による規制であるため、貸金業法の管理下にない業者には適用されません。つまり、銀行法の管轄になる銀行や信用金庫からの借入は総量規制の対象外になっています。実際に、都市銀行やネット専業銀行の中には収入の無い専業主婦でも、30万円や50万円を限度として、夫の同意書無しに貸付を行っているところがあります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?