カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

収入が無い主婦や学生でもキャッシングできる?

2010年に改正された貸金業法という法律では、消費者金融などの貸金業者が個人に対して資金を貸し付ける上限が年収の3分の1までと定められており、総量規制と呼ばれています。現在、正社員のみならずパートやアルバイト、派遣社員でも一定の収入があれば年収の3分の1までの金額であればほとんどの消費者金融でキャッシングサービスを利用することができますが、元々収入がゼロの専業主婦や学生は1円もキャッシングを利用することができなくなってしまいました。ところが、貸金業法が改正された後でも無収入の学生や専業主婦でもキャッシングサービスを利用する方法があるのです。貸金業法における「貸金業者」とは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社など、銀行以外で資金の貸付サービスを専門に行っている会社(ノンバンク)を指すのであり、銀行は貸金業務を行っていても法律上の「貸金業者」ではありません。このため、銀行のカードローンは貸金業法で定められている総量規制とは無関係にキャッシングサービスを提供することができるのです。銀行は消費者金融などの貸金業者よりも審査が厳しくて低金利です。その代わりに銀行のカードローンを利用するためには必ず担保や保証人が必要となります。専業主婦であれば一定の収入がある配偶者の同意書や不動産などの担保、学生であれば親の同意書を提出することにより銀行カードローンのキャッシングサービスを利用することができる場合があります。以前は消費者金融などノンバンク系の貸金業者でも定収入が無い専業主婦や学生に対して貸付業務を行っていましたが、貸金業法が改正された2010年以降は無収入の人に対する貸付業務が中止となり、貸付サービスを突然利用できなくなった人が大勢います。一方、銀行のカードローンの方は法律が改正されて、これまでのように消費者金融などのノンバンクから借りることができなくなった専業主婦や学生をターゲットにしたローンサービスが幾つかの銀行で販売されるようになりました。銀行の融資は消費者金融よりも審査が厳しいですし担保が必要になる場合がありますが、低金利というメリットがあります。さらに一定の期間にわたり銀行のカードローンを利用して、毎月滞りなく借入金の返済を続けることで個人に対する信用を積み重ねて銀行の「お得意様」になっておけば、将来に金利や返済期間などの面においてより良い条件で住宅ローンなどの大きな金額の融資を受けることができるようになる場合があります。このため、もしも銀行カードローンの審査が通ればノンバンク系の金融会社を利用するよりも大きなメリットがあります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?