カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

キャッシングに年収が必要なのは法律で決められているから

キャッシングでお金を借りるときには、年収をキャッシング会社に伝えなくてはいけません。なぜ年収をキャッシング会社に伝えなくてはいけないのでしょうか。それは、法律によってどの程度の金額を稼いでいるのかを相手に教えなくてはいけない法律が存在するからです。こうした貸金に関する法律の事を貸金業法と言います。では、そもそもなぜ法律はこのようなことを消費者に対して求めているのでしょうか。それは、消費者に対して貸すことにあるお金が年収を元に決められることになるからです。大手の銀行である金融機関と少額融資を提供する消費者金融の大きな違いは、融資の限度額が存在するか否かと言っても過言ではありません。この内、限度額が存在するほうが少額融資の特徴で銀行が提供するサービスには基本的に限度額が存在しません。これは、銀行が提供している具体的なサービスをイメージすれば容易に想像できます。銀行が提供しているサービスは、住宅を買うときの長期的なローンのように消費者の年収を大きく超えて借りることが可能です。実際、住宅を購入するときには数千万円というお金が必要になることがほとんどでこうしたお金を準備するためには本人のお金だけでは間に合いません。そこで、銀行を利用してローンを借りることになるのです。銀行を利用してローンを借りると、年収を大きく超えたお金を貸してもらうことが出来るため足りない分を全てそれで補填することが出来ます。ところが、消費者金融が提供する少額融資では本人の収入の三分の一を超える融資を貰うことができません。これは法律で規定されていることであるため、この点に関して銀行のサービスと消費者金融のサービスは根本的に異なっているといえます。しかし、これはお金を借りるほうとしてはかなりのメリットにもなるのです。なぜメリットになるのかと言うと、どれだけ少ない収入であってもその収入の三分の一の範囲内ならば誰であってもお金を借りることが出来ることを意味するからです。実際、消費者金融のサービスは正社員だけではなくアルバイトやパートであってもお金を借りることが可能であるため簡単に手続きを済ませることが可能です。学生であってもお金を借りることが出来るほど基準が甘いので、少額融資では融資の金額に限度を設定することによってより多くの人にサービスを提供しているのです。このように、キャッシングは法律によって決められた規定によって上限はあるもののそのおかげで借りやすいのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?