カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

キャッシングを利用するなら知っておきたい総量規制のこと

予定していなかった出費があったり、お給料前などに生活費が足りなくなってしまったという経験は多くの人が持っているはずです。そのようなときに必要な分だけのお金を融通してくれる人がいれば急場をしのぐことができますが、いくら親しい間柄とはいってもお金の貸し借りについて抵抗を感じてしまう人は多いのではないでしょうか。どうしてもお金が必要になったときに、特に難しい手続きなしでお金を貸してくれる存在としては消費者金融のキャッシングが代表的な存在としてよく知られています。もちろん、銀行などの金融機関でもお金を借りることはできますが、ローンを組む際には借りたお金の使い途が限定されていたり、ローンの審査自体が消費者金融のキャッシングと比べて厳し目であるというデメリットな面があります。それに対して消費者金融のキャッシングではお金を借りたいときの手続きも非常に簡単で、初めてお金を借りるという人であっても気軽に申し込みの手続きをすることができます。また、消費者金融では店舗に足を運ばずにインターネットや無人契約機を利用しての申し込みにも対応しているので、近くに消費者金融の店舗がないという人や店舗まで足を運ぶ時間が取れないという人でも時間や済んでいる場所に関係なくキャッシングを申し込むことができます。しかし、消費者金融でお金を借りる際にはぜひとも気をつけておかなければならないことがあります。それは総量規制の存在についてです。総量規制とは貸金業者というカテゴリに属している消費者金融や信販会社、クレジット会社が消費者に対してお金を貸し出す際の上限を定めたもので、この上限を超えてのお金の貸し出しは禁止されています。総量規制では消費者の年収の3分の1までが貸金業者が貸し出してもいい上限額となっており、それを超える金額の貸し出しはすることができません。なぜ、このような決まりが設けられたかというと、自分の返済の能力というものをよく考えずに安易な気持ちでお金を借り過ぎてしまい、最終的に多重債務や自己破産をする原因となってしまうためです。そのため、消費者が自己破産や多重債務などに陥ってしまわないように、消費者の年収の3分の1までが貸金業者が貸し出してもいい限度額となっているのです。そのため、複数の貸金業者を利用しているような人の場合、すでに他の貸金業者から年収の3分の1までのお金を借りてしまっているケースではたとえ業者を代えたとしても新規にお金を借りることはできないのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?