カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

プロミス|人気各社の利息を徹底比較【損したくない人必見!】

大手消費者金融の中で、最も安い利息で融資を受ける事ができる会社はプロミスだと言えます。 プロミスは契約者の実質年率を4.5~17.8%の範囲で設定しています。 この上限金利の17.8%は他の大手他社にはない金利です。 普通、消費者金融会社が一般顧客に無担保融資を行う場合、利息は上限割合での貸付となります。つまり、最小利息が実質適用されるケースはほとんど無いと言ってよく、利息の比較をする上では上限利息だけを確認するのが常識です。 そして、大手他社の金利はほぼ全てが18%での融資になります。中小消費者金融業者に到っては20%も珍しくない為に、業界全体としてもプロミスの金利は低く抑えられている点が特徴です。 プロミスの金利は他社と0.2%の差がありますが、少なく感じる方もいるでしょう。 ですが、金利において0.2%は決して小さなものではなく、金額が大きくなるほどにこの差を実感する事ができるのです。 また、利息面におけるサービスとして借入から30日間は金利を無料にするというサービスも合わせて行っている為、他社と比較した場合に受ける事ができるコスト面のメリットはさらに大きく広がります。この30日間無料のサービス期間中に行った繰上げ返済や通常の返済金は、全額元本に充当される為に、後々負担する債務金額を大きく減少させる事ができるのです。 プロミスの特徴はこのようにコスト面での負担を出来る限り抑えようとしている点にあります。とにかく安く借入を行いたいとお考えの方はプロミスを利用する事が賢い選択だと言えます。消費者金融では金利の上限を利息制限法に適合する利率に設定していますが、プロミスでは他の金融業者に比べても若干低くなっています。4.5%から17.8%の間で融資が行われていますので、他の金融業者では一般的な18%よりもわずかに低いのが特徴です。金利の差は僅かですからプロミスをだけでなくどこの金融業者を利用しても変わりがないといえますが、それでも利息の負担を抑えることが可能です。プロミスのメリットには金利が低いこともありますが、返済が楽にできる点もあります。返済の自由度や負担が少なければ確実に元金を減らすことが可能ですから、利息の負担を減らすには大切なポイントになってくると言えます。プロミスではインターネット返済と口座振替が可能ですが、指定銀行の口座があれば手続きが可能です。ATMからしか返済できない金融業者も多いですから、店頭やATMに行かなくても返済できるプロミスには返済にかかる負担を減らせるメリットがあります。プロミスの特徴には30日間無利息(※)がありますが、他の金融業者でも一般的になりつつあるサービスと言えます。他のと違いはポイントプログラムがある点ですが、利用に応じてたまったポイントで無利息サービスなどの様々なサービスに利用することが可能です。ポイントプログラムを導入している金融業者はそれ程多くはありませんので、比較対象にすればメリットが大きいと言えます。インターネット返済は知名度の高い大手銀行が対応しているため便利に利用できます。

 

(※)30日間無利息を利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?