カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

レイク|個人事業主が申し込む時に必要な書類について

レイクは個人事業主でも申し込みが可能です。レイクは消費者金融ですので、以前は給与所得者だけの申し込みを受けていた時代がありました。個人事業主や法人化している事業主にとっては「もっと稼いでいる」と言いたくなるような場面もあったことでしょうが、金融機関から見れば給与所得者よりも不安定といった判断がなされていたわけです。今でもその感覚に大差はありませんが、無担保保証人不要の個人向け融資の審査ノウハウが向上したこともあって、個人事業主やその他の事業主への貸し付けにも踏み切ることが出来るようになったのです。とはいえ総量規制の法律がありますので、年収の3分の1を超えて貸付を行うことはできません。これに反すると罰せられるのは貸金業者側です。行政罰や刑事罰にまで発展することがありえます。上限金利も以前と比べ実質年率10%近くも引き下げられました。また、取り立てに関しても法律は厳しくなっています。そのため更に慎重な審査によって、回収リスクを出来る限り軽減させる努力が必要となりました。個人事業主に対する審査は引き続き、給与所得者と比べて厳しめです。ただし門前払いということではなく、契約に至った後の与信の部分で差をつける傾向にあります。たとえば同じだけの年収がある給与所得者と比べて最初に付与される貸付限度額が小さかったり、貸付限度枠の成長や金利の優遇のタイミングが遅かったりといった部分です。それでも健全な取引を継続させていれば、信用は積み重ねられてゆきますので、マイナス面とばかりは言えません。必要書類に関しては、もし貸金業者自体の利用が初めてで、レイクへの申し込み金額が100万円を超えない範囲であれば、運転免許証と保険証、もしその住所と現住所が違えば発行から6か月以内の都市ガスや電気、水道、固定電話、NHKといった公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証明書などが求められることもあります。レイクへの申込が100万円を超える、他社借り入れと合わせて100万円を超える、もしくは審査に必要と判断された場合には、収入を証明する書類の提出も求められます。給与所得者であれば源泉徴収票や直近三カ月の給与明細などになりますが、自衛容赦の場合は確定申告書の写しや納税通知書、所得証明書などが有効な書類となるでしょう。個々に「どういった書類が必要なのか」はレイクと相談の上、決定してゆきます。該当する書類がどうしても揃えられない時には、代替え案を提示してくれるケースもあります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?