カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

SMBCモビットはどこのコンビニATMが使える?利用可能時間は?

SMBCモビットを利用していてお金を借りる場合、銀行振り込みを利用する人もいるのですが、より手軽ですぐにお金を手にする方法となるのが「ATM」です。また、返済の際にも同様で、決められたタイミングで引き落としが行われる銀行振替よりも、任意のタイミングで返済を行うことが出来るATMを利用するという人は大勢います。確かに、ATMを利用することで自分の好きなタイミングでSMBCモビットを利用することが出来るので便利なのですが、特に「コンビニATM」を利用する場合には知っておいた方が良い注意点があります。他の消費者金融を利用する場合、ATMを利用する場合にはコンビニの他に銀行や専用のATMなどを選択することが出来ます。しかし、SMBCモビットの場合は専用のATMが無い為、必然的にATM利用=提携ATMという事になってしまいます。取り扱いできる取引自体にはそれほど違いはないのですが、専用ATMと提携ATMとの大きな違いは「手数料が発生するかどうか」です。専用ATMでは手数料が発生しないことも多いのですが、提携ATMの場合はほとんどが手数料が発生してしまうため、利用状況によっては返済の負担を大きく増加させてしまう可能性があります。ATMを利用した場合に発生する手数料自体は少額です。100円や200円+税と言った金額になるのが一般的ですので、今で言えば108円もしくは216円が「一取引ごと」に発生してきます。つまり、コンビニなどの提携ATMを利用してお金を借りる場合には216円、返済する場合にも216円が最大で発生してしまいます。毎月一回、返済に提携ATMを利用したという場合であれば年間で約2500円の負担増となってしまいますし、毎月返済と借り入れを一回ずつ行うという場合には5000円程度の負担増となることもあります。一年であればそれほど多くはないと感じるかもしれませんが、完済までに平均して5年や10年という期間が必要になるという状況を考えると1万円以上、多い人であれば10万円もの余分な負担を増やしてしまうことになります。消費者金融を利用する上で絶対に実践した方が良いポイントの一つに「返済の負担を減らす」という事があります。返済の負担を減らし、より安定した環境で返済を行うという事は破たんするリスクを回避する上で非常に重要なことですし、返済回数を一回でも少なくして完済をすることも大切なことです。増加した負担分を返済に充てるだけでも返済回数を減らすことが出来るため、「より負担が少ない方法」を選択して利用していくことが必要です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?