カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

SMBCモビット|外国人が申し込む際の条件と必要な書類について

日本の消費者金融会社は外国人に対してもお金を貸し付けていますが、貸付条件については日本人に対しての貸し付けより厳しく設定されています。消費者金融業界の中では大手の一角をしめているSMBCモビットの場合を例に述べると、まず年齢や収入、職種に関する申し込み条件については、日本人も外国籍の人も同じ基準が適用されます。つまり、満年齢が20歳以上69歳以下で、安定した収入を一定期間継続して確保できていれば、正社員や派遣社員、パート、アルバイト、個人事業主の区別なく申し込むことができます。連帯保証人や担保の用意が必要ないのも同様です。ただし、外国人が申し込む場合はここにもう一つ条件が加わります。それは「法務大臣から永住許可を取得していること」です。日本で永住許可を取得するためには審査を通過しなければなりませんが、これを実現させるためには、10年以上継続して日本国内に在住しており、この期間のうち就労資格もしくは居住資格を取得の上で5年以上在住している期間が含まれていることや、安定した生活基盤を維持できるだけの資産や技能を備えていること、犯罪歴が無いこと、公的義務を怠ることなく履行していることなど、法令によって課されている要件をすべてクリアしていなければなりません。SMBCモビットへの申し込みの際に、申込者が日本人の場合と外国人の場合で違いがあらわれるのは、本人確認書類を用意するときです。外国人の場合は、運転免許証やパスポート、健康保険証などといった本来用意すべき本人確認書類のほかに、特別永住者である人は特別永住者証明書を、それ以外の人は在留カードを用意しなければなりません。特別永住者証明書はそれ自体が永住許可の証明となるものであるため所持しているものをそのまま提示すれば良いですが、在留カードを使う場合はカードの「在留資格」の欄に「永住者」と印字されており、なおかつ「許可の種類」の欄に「永住許可(法務大臣)」の印字があるものを提示する必要があります。なお、既に根拠法が廃止されていて、交付が終了している外国人登録証明書については、法令により有効とされている期間内であれば特別永住者証明書や在留カードの代わりとして使用することができますが、日本政府は早期に特別永住者証明書もしくは在留カードへの切り替えを行うよう求めているため、SMBCモビットへの申し込みを行う前にカードの切り替え手続きを済ませておいたほうが良いでしょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?