カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

SMBCモビット|個人事業主や自営業※は審査で不利?それとも有利?

SMBCモビットは、実質年率が3.0%~18.0%、限度額は1万円~800万円となっていて、貸し出し条件が非常に幅広く設定されています。

 

一般に、カードローンというのはリスクの高い人には実質年率を高く設定しています。
例えば、低い実質年率でお金を貸すと、得られる利息も少額となるので、もしも利用者が自己破産をしたり夜逃げをしてしまって貸したお金が返ってこなかったら、金融機関は大きな損をすることになります。

 

逆に、高い実質年率で利息をたくさん得ていれば、利用者の数%の人からお金を回収できなくても総合的には利益を得られることになります。
金融機関はこのように貸し倒れのリスクまで計算してお金を貸しているので、低い実質年率でお金を借りようとするほど厳しい審査を通過しなければならなくなるのです。

 

さて、前述したようにSMBCモビットでは幅広い貸し出し条件が設定されているので、例えばパートやアルバイトで収入が低くても高めの実質年率で、限度額10万円のカードローンを組むだけならそう難しくはありません。

 

逆に、低い実質年率、限度額800万円という好条件でお金を借りようと思えば、かなり良い属性を持っていて、SMBCモビットからの信用を得ていないと無理でしょう。

 

消費者金融では総量規制がかかるので、年収の3分の1までしか借りられないという問題もあります。
例えば、限度額800万円で借りるためには最低でも3倍の年収2400万円が必要になります。

 

それでは個人事業主や自営業※の人はSMBCモビット審査で有利なのか、不利なのかを考えてみます。

 

給与所得者の場合は、雇用保険に加入していますので、もしも失業をしても、一定の期間は失業給付をもらいながら次の仕事を探すことができます。

 

正社員の場合には、退職すると退職金ももらえます。
もちろん、会社が倒産すれば退職金はもらえない場合もありますので、リスクがゼロというわけでもないですが、大企業の正社員の人は倒産のリスクは小さいですし、公務員の場合は国が倒産することはまずありえないでしょう。

 

一方、個人事業主や自営業※の人はこのようなセーフティーネットがありません。事業に失敗した場合には100%のリスクを負うことになります。そのため、たとえ現在事業が順調で高い収入を得ていても、個人事業主や自営業※の人は金融機関から高額なお金を借りることは難しくなります。

 

もちろん、SMBCモビットの審査では職業だけでなく、年収や勤続年数、個人信用情報、他社からの借入状況など様々な項目から総合的に判断して審査結果が出ますので、職業が不利だからといって絶対に高い限度額で借りられないというわけでもありません。

 

※安定した収入がある方

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?