カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

お金を借りるには|フリーターや契約社員がお金を借りるコツ

お金を借りる際、避けては通ることができないのが審査。
「フリーターだから、契約社員だからお金を借りることができない」とお考えの方が多いようですが、必ずしもフリーターや契約社員が審査に通らないというわけではありません。

 

3. 総量規制対象外カードローンのすすめ!
3.1 総量規制対象外カードローンのメリット
3.2 銀行カードローンの審査が心配な方へ

 

フリーターや契約社員でもお金を借りることができる理由

フリーターや契約社員の場合、正社員としてお勤めの方と比べて借入審査を通過することが難しい傾向にあることは事実なようです。
だからといって、お金を借りることが全くできないというわけではありません。
それは、審査の際に見られるポイントを知れば納得です!

お金を借りる審査のポイント

おおまかに言うと、審査では収入や勤務先、勤続年数をなどを確認する事によって借入の申込を行った方が、安定した収入を得ていて、借りた金額と利息分をしっかりと返済していく力があるかを確認します。

 

安定した収入を得ているか
返済能力があるか

フリーターや契約社員であっても安定して収入を得ている方なら、返済能力有りと判断されれば借入を行うことができます。パートや派遣社員で働いている方、自営業(個人事業主)の方も同様です。
しかしながら、正社員の方よりは厳しく審査されるため申込の際は、必要最小限の限度額で申し込むようにしましょう。

借入の注意点|総量規制ってなに?

フリーターや契約社員の方が特に気を付けなければいけないのは総量規制です。
総量規制とは、過度な貸し付けを防ぐため年収の1/3以上の借入を規制するものです。安定して収入を得ていても年収によってはまとまった金額を借り入れすることはできないので注意が必要です。

総量規制の対象となるのは、消費者金融(プロミスやアコムなど)や信販会社(クレジットカードのキャッシング枠)などの金融機関からの借入などです。
住宅ローンや車のローン、銀行カードローン(三菱UFJ銀行のバンクイック、新生銀行カードローン レイク、みずほ銀行カードローンなど)は、総量規制対象外です。

 

 

専業主婦や無職の方の借入審査

総量規制はもちろん、専業主婦や学生や無職の方にも適応されます。つまり、収入が0円なら消費者金融や信販会社からは審査以前に規制によってお金を借りることができません。
主婦の方が家族に内緒で借りようと思い、スマホやパソコンからネットで低額の借入を申し込もうと考えても働いていない場合は難しいということです。

専業主婦は借りられない!?|専業主婦がお金を借りるコツ

しかし、専業主婦の方であれば配偶者の方に安定した収入があればお金を借りることが可能です。
ポイントは、銀行カードローンや銀行系カードローンの総量規制対象外のカードローンに申し込むことです。

専業主婦の方が借入の申込をする際は、配偶者の方の同意書が必要になったり、配偶者の方の年収を証明する書類が必要になったりします。また、総量規制対象外のローンであっても専業主婦への貸し付けの対応を行っていない場合もあるので公式ホームページなどで必ずチェックしましょう!

 

 

総量規制対象外カードローンのすすめ!

専業主婦の方に限らず、フリーターや契約社員の方にも総量規制対象外の銀行、銀行系カードローンは、多くのメリットが有りおすすめです!

総量規制対象外カードローンのメリット

審査結果によって年収の1/3以上の借り入れも可能
専業主婦でも配偶者の年収によって借り入れ可能
銀行貸し付けなので消費者金融よりも低金利

 

総量規制対象外の銀行カードローン、銀行系カードローンは消費者金融系と比べて金利が低い傾向にあり、銀行が提供しているという安心感もあります。
また、年収の1/3以上の借入ができないという総量規制もないのでまとまった金額が必要になった際や専業主婦の方の借入の際にはとても役に立ちます。

 

総量規制対象外の銀行カードローンは消費者金融と比べ低金利で融資可能額も大きい分審査が厳しい傾向にあると言えます。

年収の1/3以上の融資が可能であるからといって必要以上の金額を申し込む必要はありません。少額の融資を受けることもできるので、しっかりと返済計画を立てた上で借入の申込をしましょう!

銀行カードローンの審査が不安な方は消費者金融系がGood!

総量規制に関係するほど大きな額の融資を希望しない方や、銀行カードローンの審査に通過するか不安な方、とにかく早くお金を借りたい方は消費者金融系のカードローンがおすすめです。
消費者金融系カードローンのプロミスならこんなメリットがあります。

Web契約なら即日融資も可能
スピーディな審査で最短30分回答
はじめての借入なら30日間無利息サービス
プロミス

 

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
審査時間

スピーディな審査で最短30分回答
最短1時間で融資
土日の即日融資も可能

特徴

30日間無利息サービス
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
来店不要の24時間申込
Web契約で即日振込みも可能
簡単3秒診断あり
自動契約機でカード発行

30日間無利息サービスにはメールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要です。
また、Web契約でも申込の時間帯によっては当日中の融資ができない場合があります。

 

 

お金を必要とする人は様々ですが、通常はお金が無い職業の人ほどお金を必要とするのが自然の流れです。正社員と比較した場合全体的にフリーターや契約社員の方の方が給与が少なく、お金を借りたいはずなのに銀行や銀行カードローンなどは中々審査を通してくれません。ですが、フリーターや契約社員の人も、借りるチャンスはあります。その方法が、消費者金融を利用することです。審査基準に引っかかり断られる事もあるのですが、他社からの多額の借入や過去の債務不履行歴が無く、勤続期間が極端に短かったりしない限り融資を行ってくれる傾向にあります。勿論、デメリットも存在し、消費者金融会社は銀行系の融資と比べて金利が高いのですが、近年では初回の30日は金利が無利息であったり、金利低減措置を取ってくれる企業も存在し、借りる時の負担軽減に努めて、改善傾向にあるといえます。融資までの手続きも煩雑にならないよう工夫していますし、お金を借りるにあたっての秘密も厳守、更にフリーターや契約社員の割合が多い、女性には優遇措置や専用ダイヤルまで存在し、サービスはきめ細かく丁寧に用意されているのです。ウェブサイト上で、フリーターや契約社員であっても審査を行うと明示している複数の企業も存在する為、殊更身構える必要はありません。したがって、フリーターや契約社員だからといって融資を諦める事なく、理想の条件にマッチする企業を選択する事ができます。

 

契約社員であってもお金を借りることは可能です。契約内容にもよりますが、契約社員であっても勤続年数が長い場合は与信の結果も高い場合があります。では、フリーターの場合はどうか、その基準は長期の雇用で就いているかがポイントになります。フリーターは基本的にアルバイトの雇用形態ですが、長期と短期では審査の受け止められ方に大きな差があります。長期で就いている場合は勤続年数の結果から安定した収入を得ているとみなされ、与信も高くなります。しかし、短期ではいつ辞められるか、また収入が不安定であるので、審査も厳しくなります。勤務先の情報は信用情報機関に登録されています。5年間は登録されていますので、勤務先が変わったことも分かるようになっています。また、お金を借りる際に申し込み欄でも勤務先や勤続年数の申告があります。そこで多めに見積もって申告しても、信用情報機関に照会を掛ければ、相違点も判明します。在籍確認の電話も、そうした点を確認する意味もあり、いつ申告された情報なのかも分かる仕組みになっています。契約社員もフリーターも、雇用形態に違いはあれど、不安定な職種です。いつ雇用が切れるのか分からない職種は現在は収入があっても、カードローンにおける与信は低くなります。お金を借りる基準となるのは高収入ではなく、収入の安定度です。高収入を得ているアスリートや芸能人などよりも正社員・公務員の方が与信が高いのは、その安定度からきています。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?