カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

プロミス|【外国人】がキャッシングするための方法

生活費が苦しくなったり、冠婚葬祭などが続いたときにプロミスで借り入れをすることでお金のピンチから脱出することができますが、これは何も日本人だけに限ったことではなく外国人でも経験することです。 全ての外国人が短期の旅行などで一時的に滞在している人ばかりではなく、2世や3世と代を重ねて生活している人も多く、外国籍であるといった事情で住宅や融資な多くの面で苦労をしている人もいるものです。 しかしプロミスであれば外国籍であっても借り入れをすることが可能です。 これは日本人と同様に20歳以上で日本で働いており、安定した収入があるのであれば融資を受けることができます。 また正社員でなくても契約社員やパート、アルバイトで収入を得ているのなら申し込むことが可能になってきます。 それに加えて、日本に永住権があることが求められます。 短期の旅行などで融資をしてしまうと、万が一契約者本人が借金を踏み倒して母国へ帰ってしまった場合はお金の回収ができなくなってしまうからです。 外国人がプロミスを利用するためには必要書類として外国人登録証や在留カードなどが必要になります。 また、日本語の理解度に問題が無いことも必要条件として挙げられます。 契約内容を理解できないと利用することができませんので、日本語を話せることはもちろん、読み書きなどができることを求められます。 以上の条件を満たしている人であれば外国人でも借り入れできる可能性が高くなります。外国人でも一定の条件を見たせばプロミスでお金を借りることが出来ます。基本的な事柄は日本人と同じですが、少し違うこともあります。まず、基本的なことですが、年齢は申し込み時点で満20歳以上で69歳までで、安定した収入があることです。年齢に対するリスクは外国人だからといって異なるものではありません。プロミスの日本国内での契約ですから、日本の法律が適用されます。収入ですが、これは日本国内で仕事をしていることに限られます。海外の企業ではダメです。収入の確認は給与明細書や源泉徴収票が必要となります。これは少額である場合を除いて、国籍に関わらず、日本人でも必要となります。本人確認は運転免許証、若しくはパスポートが必要ですが、外国人の場合はそれらに加えて、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書のいずれかも提出しなければなりません。例えばパスポートだと、単なる観光旅行や短期留学でも必要となります。しかし、その期間が終了すれば帰国してしまいます。そのような人達に貸し出せば、返済してもらえず焦げ付くことになります。つまり、中長期に渡って日本で暮らしているという事実が必要となるのです。最後に日本語の能力です。ここまでの説明や貸し出しに関する事柄、書類はすべて日本語で行われます。おもてなしの精神で英語で説明したり、英語の契約書を作成するということはありません。あくまでも日本の法律の中で契約が行われるからです。ですから、ヒアリングはもちろん読み書きもできなくてはプロミスと契約することはできません。つまり、日本に暮らしている日本人と同様の条件で貸し出しを行うということになります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?