カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

プロミスの金利がまるわかり!【知らずに損してませんか?】

プロミスの金利は実質年率で4.5%~17.8%です。この金利設定は非常に低いですが、それは銀行系の消費者金融だからです。銀行傘下で資金力に余裕があること、規模が大きく利用者が多いこと、などが低金利の理由です。プロミスの利用者の多くは、なるべく早くの融資を希望しています。すぐにお金が欲しいときは少しくらい年率が高くても、融資までの時間を優先する方が多いですが、プロミスなら最短で即日融資も可能でさらに低利率で融資してくれます。17.8%を超えた金利にはならないので、少ない融資額でも安心です。一般的にキャッシングは借入額が少ないほど年率が高くなり、10万円未満の融資だと20.0%まで法律で認められています。グレーゾーン金利は廃止されたので、昔のように高金利の会社はありませんが、20.0%といえども決して低金利とは言えません。プロミスなら少額の借入においても、最高17.8%が適用されます。それを超えた年利にはならないので、借入前にシミュレーションを行いやすいです。事前に適用される年率がわかっていれば、毎月の返済額を試算するときも楽です。プロミスのWebサイトには返済シミュレーションのコーナーがあり、ここで月々の返済額、返済期間などのシミュレーションが行えます。月々に可能な返済額を決めてから、借入できる上限を決めると失敗しません。遅延利率の20.0%(実質年率)に関しては遅延した場合に発生する利率である、通常どおり返済していれば発生することはないです。プロミスは、SMBCグループです。消費者金融からキャッシングする時には、無担保、保証人なしが一般的ですから、借りるお金の金利は、住宅ローンなどと比べますと高めになります。プロミスの実質年率は、年に4.5パーセントから17.8パーセントと幅があります。 初めてプロミスでキャッシングする場合には、貸し出し限度額が50万円以下である場合が多く、金利も公表されている上限になるようです。これは、キャッシングの実績がないためで、長期間にわたり取引が続きますと次第に貸し出し限度額も引き上げられますし、貸出金利も引き下げられます。なお、法律で定められている上限金利は、貸し出し金額が10万円未満では年20パーセント、10万円以上100万円未満が18パーセント、100万円以上が15パーセントです。 プロミスでキャッシングした時の金利計算は、借入日から返済日までの日数で日割り計算されます。例えば、年利17.8パーセントで20万円借りて、30日後に全額返済したとしますと、20万円に0.178(17.8パーセント)をかけて、それを365(1年の日数)で割り、30(借りていた日数)をかけるたものが借入利息となり、この例では2926円になります。 なお、プロミスで初めてキャッシングする時には、メールアドレスを登録してWeb明細サービスを利用するという条件を満たしますと30日間無利息です。これは、是非とも利用したいサービスです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?