カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

【即日融資】本人確認と在籍確認について~必見!徹底ガイド~

「すぐにお金が必要!」という時にとても便利なのが、申し込みと同じ日に借入を行える即日融資対応のカードローンです。
しかし、安定した収入があるので審査は大丈夫だろう、という方も本人確認や在籍確認をうっかりしていると即日融資ができないので注意が必要です。

 

即日融資での注意点!本人確認、在籍確認とは?

即日融資に限らず借入を申し込む際には、必ず本人確認と在籍確認が必要になります。
意外とこの2つを混同してしまっている方が多いのではないでしょうか?

借入までの流れ!本人確認と在籍確認

カードローンでお金を借りるには、申込み手続きを行い審査に通る必要があります。
一般的に申込の際に必要となるのが次の3つです。

  1. 申込書
  2. 本人確認書類
  3. 収入を証明する書類

本人確認とは、借入の申し込みを行ったのが本当に本人であるかを確認するもので、免許証やパスポートの移しを郵送するなどの方法で確認します。
一方、在籍確認とは申込を行った人が本当に申込書に記載された職場で働いているかを確認する審査する側にとって重要な作業になります。

 

本人確認: 申込者が確かに本人であるかを免許証などで確認
在籍確認: 申込書に記入された勤務先に務めているかを電話連絡や書類で確認

 

モビットのWEB完結申込なら借入までがスムーズ

在籍確認が審査する側にとって重要な作業だと言っても、会社に連絡されると困るので電話連絡をしないで欲しいという方は多いと思います。
そこで、非常に便利なのが在籍確認のための電話連絡の代わりに源泉徴収票の写しを提出するモビットのWEB完結申込です。

モビットのWEB完結申込がおすすめな理由

WEB完結申込なら、申込からご利用までインターネットですべてでき、キャッシングカードを使わず、振込キャッシングの手続き後最短3分で銀行口座への振込が完了します。

勤務先への電話連絡なし!
郵送手続きなしで待ち時間も最小限!
カードレスなので盗難や紛失の心配もなし

最短3分での振込は、平日9:00~14:50までに手続きを完了した場合なのでお急ぎの方は早い時間帯に申込、振込手続きをしましょう。
また、審査結果によって借入不可の場合もあります。

モビット

 

モビット
実質年率 年3.0~18.0%
最大限度額 800万円
審査時間 最短30分審査 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 即日融資も可能 土日の即日融資も可能
特徴
  • WEB完結申込は電話連絡なし、郵送物なし
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • ※当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要。ただし審査結果によっては振込不可の場合あり

     

    モビットのWEB申込の注意点!申込前に要確認の2点

    モビットのWEB申込で融資を受けるには、本人確認書類や源泉徴収票の写しなどの提出の他に次の2つの条件を満たす必要があります。

    三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方
    全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)または組合保険証をお持ちの方

     

    モビットのWEB完結申込はこんな人におすすめ

    1. 周りに知られずに借入をしたい方
    2. 電話でのやり取りや書類の郵送などが面倒な方
    3. カードを持ちたくない方

    WEB完結申込なら郵送物や電話連絡もなく、カードレスなのでそれらから周りに知られてしまうことがありません。
    また、必要書類をあらかじめ用意し、早い時間帯に申し込めば即日融資も可能で非常に便利です。WEBだけで借入ができる分、通常のカードローンとは必要な書類が違ったり、特別な条件があったりするのでしっかりと確認しましょう!

    次のことに気をつけるとスムーズな借入につながります!
    1. 申込フォームの必要事項は内容を確認し正しく入力する
    2. 提出書類ははっきりと内容が見えるように撮影する
    3. 入力したメールアドレスに間違いがないかよく確認する

     

    モビットで借りる
    当日の午後2時くらいまでに申し込みと契約を済ませることで即日融資が可能な消費者金融が多く有ります。即日融資は、申し込みをしてから最短で融資をして貰えるものであり、申し込みが当日の朝の場合であればその日の夕方頃、前の日の夜などの場合ですと、翌日の夕方頃と言う形になるのが特徴です。急にお金が必要になった場合など、即日融資が可能になることで安心感を得られると言ったメリットも有るのです。尚、即日融資でキャッシングの申し込みをする場合には、運転免許証などの本人確認書類が必要になります。因みに、消費者金融は貸金業法に基づき運営が行われており、貸金業法には総量規制が在るため、年収の3分の1を超える貸し付けが禁じられています。尚、本人確認は申し込みを行った人であるか否かを確認するものであり、在籍確認とは異なる確認となっているのです。在籍確認は、申し込みを行った時の勤務地に勤めているかどうかを確認する目的で行われるもので、会社に電話して勤務地にちゃんと勤務しているかどうかなどの確認を行うのが在籍確認なのです。尚、在籍確認での電話と言うのは、個人名で電話をしてくれるなど配慮をしてくれますし、数分と言う時間で在籍確認は終了となるのが特徴なのです。

    カードローン、キャッシングを申し込むなら

    人気のカードローンから選ぶ!

    • プロミスで申し込む
    • みずほ銀行カードローンで申し込む
    • モビットで申し込む
    • アイフルで申し込む
    • アコムで申し込む
    • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
    • 三井住友銀行カードローンで申し込む
    • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
    • プロミスレディースで申し込む
    • アイフルSuLaLiで申し込む
    • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

    人気カードローンランキング

    みんな、どこで借りてる?
    申し込み数順!人気のカードローンランキング
    申し込み数順!人気のカードローンランキング

    アクセスの多い記事

    私でも借りれる?返せる?
    私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
    今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
    初めてのカードローン
    初めてのカードローン
    お金を借りて返すまでの流れ
    銀行がいい?消費者金融がいい?
    銀行がいい?消費者金融がいい?
    まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?