カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

総量規制対象外の消費者金融はある?

消費者金融からお金を借りる際には、まず総量規制のことを考えなくてはなりません。
総量規制はそれぞれの人が借り入れられる金額に対して年収をベースにした制限をかけるというものであり、通常ではその人の年収の1/3以下までというようにされます。
しかしかつてまではこうした規制が無かったため、消費者金融の一存によって、それぞれの人に対して莫大な金額の借入が許可されていました。
そうしたことを考えると、現在の消費者金融はかなり不便になったと言えるところがあるでしょう。

 

さて、ではそうした消費者金融の中で総量規制対象外になっている業者はあるのかというと、厳密な意味で言えばありません。
これは総量規制対象外になるのが貸金業者では無い銀行系業者に限った話であり、そして銀行系業者として運営されている場合は銀行業の一環であるということになりますから、貸金業者、つまり消費者金融では無いということになるのです。
ただしかし、見方を変えて「かつて消費者金融だった業者の中に総量規制対象外の業者はあるのか」ということにすれば、これはあると言えます。
貸金業法が改正されて総量規制が生まれてから、かつて消費者金融として経営されていた業者の多くは経営の状況を大きく悪化させることになりました。
そのため銀行に買収されたという業者が多く、そうした業者であればかつては貸金業であり、現在では銀行系業者というように変化しています。

 

消費者金融は色々な面でサービスが優れていますから、ぜひ利用したいと考える人も多いとは思いますが、最大のデメリットとして総量規制があります。
簡単に言うと、年収の3分の1までしか借りることができない規制です。これがあるために、たくさん借りたいと表いても借りることのできない人もいるでしょう。
ですから、総量規制対象外の金融機関を探したいというのは自然な考え方です。そのようなものはあるのでしょうか。
まず、総量規制の対象がどのようなものかを把握しておくべきでしょう。
総量規制は貸金業法で定められている規制ですから、貸金業者に対して規制が敷かれています。逆に言えば、貸金業者以外は総量規制対象外になります。貸金業者とはどのようなものかというと、消費者金融は代表的なものです。他には、信販会社などもあります。クレジットカード会社も貸金業者として営業を行っていますから、やはり対象となります。総量規制対象外の金融機関の代表的なものが銀行です。銀行は貸金業者とは全く別の金融機関ですから、貸金業法は適用されず、そのために総量規制対象外となります。銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングとそれほど大きな違いはないのですが、法律の面ではこのような大きな違いがあるのです。ですあら、多額のお金を借りなければならないと言ったときには、消費者金融から借りるのではなく、総量規制対象外の銀行から借りる方が賢明な選択だと言えます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?