カードローン比較サイト【はじめて?即日?銀行系?】

MENU

総量規制対象外で即日融資してもらいたいなら

総量規制対象外ということになれば、銀行の利用が一番最初に頭に浮かぶことでしょう。しかし銀行の場合には、大手の貸金業者のようにどこでも即日融資が可能とは言えません。場合によっては即日融資が可能といったスピーディーさを売り物にしているものもありますので、即日融資が希望であれば、そういった内容を謳っている商品に申し込んでみましょう。銀行の無担保保証人不要の個人向け融資の場合には、保証会社が付きますので、銀行と保証会社、この両方の審査が必要になります。そのため単独で審査を行う貸金業者よりも若干時間がかかってしまう傾向にあります。ただし以前から長く付き合いがある顧客の場合には、自社の子会社である保証会社が選択されることもあり、そういったケースではスピーディーさを売りにしていないものでも、比較的早めに審査が終わり、融資実行も行われています。総量規制対象外の融資には、自分の保険の貯蓄性のある部分を担保にして、一定の割合を貸し付ける「契約者貸付」や郵便局の財産形成貯金担保貸付けや貯金担保自動貸付けがあります。財形定額、財形年金定額、定額貯金などを担保にして貸し付けを受ける方法です。こういったものは「担保」となる契約を先に持っているということが条件となりますが、それがあれば借り入れても総量規制対象外となります。即日借り入れることができます。その中でも貯金担保自動貸付けは、自動的に貸しつけられる特性のものです。もし口座に1万円しか入っていなくても、貸し付け可能額までは引き出すことができます。スピード審査・即日融資で有名な消費者金融は、総量規制の対象内であるために「年収の3分の1以上」の借り入れができません。そのため、無収入の専業主婦は借り入れができないなどのデメリットがあります。また、50万円以上の借り入れでは必ず収入証明書が必要になります。一方、総量規制対象外の銀行カードローンは、年収の3分の1以上の借り入れができる・収入証明書不要・無収入の専業主婦でも借り入れができるなどのメリットがあります。また、消費者金融よりも低金利であり、最近では銀行カードローンも即日融資に対応してきているので、総量規制対象外であることを差し置いても、消費者金融に比べてメリットが大きいように思えます。なお、総量規制対象外といっても、ほとんどの銀行では「安定した収入があること」を条件としているので、年収の3分の1以上の借り入れが簡単にできるわけではありません。また、一定以上の借り入れでは収入証明書を要求されることもあります。銀行カードローンのほうが圧倒的にメリットが大きいように思えますが、それでも消費者金融を選ぶ利点といえば、即日融資があげられます。銀行は土日祝日は営業していないため、即日融資ができませんが、アコムやプロミスなどの大手消費者金融では土日祝日でも無人契約機の空いている時間帯なら30分ほどのスピード審査で即カードを発行してもらえてお金を借りることができます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?